メニュー

ケアホーム夢くらぶの施設のこだわり


夢くらぶのスタッフ

夢くらぶスタッフ似顔絵

介護スタッフは12名おり、全員が女性の為、いつでも明るい笑顔が絶える事無く、家庭的でアットホームな雰囲気で、心が温かくなるような笑い声で溢れています。
お一人お一人の利用者様のより心地良い生活に向けて支援していくと共に、日々私達スタッフも介護技術を話し合い、自身の成長にも努めております。


お食事

人気の食事(天丼、なすの味噌汁、すいか、手作りの漬物)

夢くらぶのこだわりと言えば、手作りの心のこもった食事です。
東京、新宿の某和食の板長をされていた社長(施設長のご主人様)が、毎日腕を振るっています。
毎日、朝と夕方と2回食材を買い出しに行き、より新鮮なものを栄養面、バランスを考え、選んで調理します。
地産地消を心がけ、旬のものを取り入れ、提供しております。
特に天ぷら、煮魚など最高です!! 利用者様はほとんど毎日完食されています。
また、施設長は、友人の方々が持ってきて下さった手作り野菜を使って漬物を作ります。
添加物がなく、安心していただけます。
また、近隣の山で採れる舞茸できのこご飯を作ったりと、自然の恵みを大いに使い、美味しいものを食べて幸せを感じることが、元気のパワーになっております。


安全設備

表彰状(消防用設備の充実・防火安全管理の推進)

施設の行事として、避難訓練を年に2回、消防署の方を招いて職員、利用者様と共に行います。
安全面においては、スプリンクラーをはじめ、一斉式非常放送設備、自動火災報知設備、火災通報装置、火災受信機などを設置しております。
防火管理新規講習を修了し(H20.8.21取得)、消防用設備の充実と防火安全管理の推進に努め、災害防止に多大な成果を上げていることは、他の模範であると消防署より表彰状を頂戴しております。(H29.5.25取得)


自然環境

ケアホーム夢くらぶ空撮写真

施設の周りは山と木々に囲まれており、空気が澄んでいつでも森林浴ができます。
沢の水も流れているので、クレソン、芹が自生しています。それらを使い、時にはクレソンのおひたしや芹ご飯など採れたてを美味しく調理し、利用者様に喜んでいただいています。
また、畑にはかぼちゃ、柿、ブルーベリーの木もあり、手作りジャム、ジュースなどを味わうことができます。
また、施設の入り口には、十本以上も桜の木があり、春には満開の桜の下で、お花見を楽しむことができます。
静かな環境で四季折々の姿を見ながらゆったりと過ごすことができます。


施設内イベント

イベント写真(花笠踊り)

利用者様の誕生月には、お誕生会を開催して、歌を唄いケーキでお祝いします。
また近隣のボランティア様をお招きして日本舞踊、マジック、曲芸などを鑑賞します。職員も加わり、フラダンス、カラオケ大会などを開催したり、定期的に訪問して下さるボランティア様によって手のマッサージをしていただきます。
知人の方にそば打ちを披露していただき、手打ちそばをいただいたり、近隣の知り合いの方に、お好み焼きを作ってもらったりと、利用者様に喜んでいただいております。


季節の見学

ケアホーム夢くらぶご利用者様の花見写真

春には笠間市友部にある北山公園、また岩瀬にある磯部桜川公園など桜の並木道を散策しながらお話が弾みます。
それから、笠間市役所の桜並木、心の医療センターの桜並木などワゴン車でドライブして、帰りにはおそばを食べて施設に戻ってきます。
秋には近隣の小学校の運動会に招待され、職員と利用者様と共に、かわいい小学生の元気いっぱい頑張っている姿を微笑みながら鑑賞してきます。
また、笠間の一大イベント“菊まつり”には、車イスの利用者様も職員と一緒に皆で出掛けていきます。
菊まつりは、その年のNHKの時代劇にちなんだ菊人形を見ることができ、楽しみの一つです。帰りには皆の大好きなお寿司を食べて戻ってきます。
また、市内の飯田ダムの紅葉狩り、寺院のしゃくなげ、民家の蓮の花など鑑賞し、外出の機会を多く作り、利用者様に喜んでいただいています。笑顔が絶えません。